他社より選ばれるショップへ
成果につながる
売れるECサイトを作りませんか?

BtoCのEC市場規模は19.3兆円

BtoBにおいてもFAXで行っていた業務を


ECサイトに置き換えるなど
業務効率化のためにネットショップを


利用するお客様も増えています。

オリオンズではECサイト構築はもちろん、


企画から運用までトータルサポートいたします。

引用元:電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました(2021年7月30日発表)

今からでも間に合う?EC市場の動向

ネットショップで購入する人が年々増加しているので、これから参入しても充分に商機はあります。
経済産業省が2021年7月30日に発表した『市場調査結果』によると、2020年の日本国内のBtoC(消費者向け電子商取引)市場規模はほぼ横ばいとの結果が発表されています。新型コロナウイルス感染症の影響で旅行などサービス系分野が大きく減少しているため、全体としては横ばいとなっているものの物販系分野に限っては大幅な市場拡大でした。 ネットショップで気軽に買い物ができることの需要は高く、チャンスは十分あります。

BtoC-EC 市場規模の経年推移(単位:億円)
BtoC-EC 市場規模の経年推移
引用元:電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました(2021年7月30日発表)

BtoC-ECの市場規模及び各分野の伸長率
2019年2020年伸長率
A. 物販系分野10兆515億円12兆2,333億円21.71%
B. サービス系分野7兆1,672億円4兆5,832億円▲36.05%
C. デジタル系分野2兆1,422億円2兆4,614億円14.90%
総計19兆3,609億円19兆2,779億円▲ 0.43%
引用元:電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました(2021年7月30日発表)

ネットショップって何をしたらよいかわからない…
そんなご相談もおまかせください!

商品を販売するページを作成するなどのECサイト構築作業だけでなく、どのようなコンセプトでショップを作るかなど企画段階からお手伝いが可能です。

ネットで調べてみてもいろいろなサービスがありどれがよいのかわからない。そんなお悩みはありませんか?ネットショップの需要が高まるにつれ、ECサイトを構築する方法も多様化しています。お客様の合うサービスの選定からといった対応も可能です。まずはお気軽にご相談ください。

オリオンズのECサイト制作
つの特徴!

【特徴1】ユーザー視点を捉えたストーリー構築

ストーリー構築

ECサイト成功の鍵は『リピーターを獲得できるか』です。
サイト訪問から購入、さらにリピーターになるまでをユーザー視点で徹底的に分析し、一貫性のある施策をうちます。
一貫性のある施策は、お客様へのメッセージが統一されるので、店舗の強みや個性が伝わりやすくなります。

【特徴2】制作だけではない『売れる仕組み』全力サポート

全力サポート

ECサイトを作るだけでは商品は売れません。どうやってサイトを知ってもらうか?リピート購入してもらうために何をすべきか?
『売れる仕組み』作りを全力でサポートさせていただきます。

【特徴3】さまざまなデバイスに対応するレスポンシブデザイン

ec-feature-responsive

パソコン・スマートフォン・タブレット端末など、ECサイトはさまざまなデバイスから閲覧されます。そのため、いずれのデバイスでも崩れなく的確に見せる必要があり、これらが出来ていないと場合によってはSEOに不利となります。
ユーザーに見やすいサイトとなることで、コンバージョン率もUPします。
SEOの考慮だけでなく、Googleが推奨するレスポンシブデザインにてサイトを構築します。

【特徴4】万全の保守体制

保守

ECサイトの公開後は定期的メンテナンスと、万全のセキュリティ対策で、
不正アクセスや情報漏洩、改ざん、データ喪失などのリスクにしっかり備えます。
具体的には各種ツールの定期的にアップデートやバックアップを実施。データベースなどのバージョンアップ、セキュリティソフトの導入といった保守・管理を実施しています。

制作プラン

お急ぎプラン
ベーシックプラン
プレミアムプラン
料金 87万円
今すぐECサイトが必要な方に最速で構築
198万円
フリーページでブランド価値を高める
297万円
戦略コンサルまで含めた最強プラン
■サイトデザイン
デザインテーマ 無料テーマ 無料/有料テーマ 無料/有料テーマ/オリジナルテーマ
デザインカスタマイズ
フリーページ 5ページ 10ページ
■基本機能
会員システム
- カートシステム
- 決済機能
- 納品書発行
- 多言語表示
■販売オプション
- クーポン発行
- レビュー機能
- ポイント機能
- モール型EC連携
■配送オプション
- 複数配送先指定
■集客オプション
- メルマガ配信
- 口コミ機能
- SNS連携
- 月次解析レポートの提出
- メルマガ配信
納期 2週間 4週間 6週間

成果につながるポイント

オリジナルコンテンツ

購買意欲を高めるための良質なコンテンツ企画・設計を支援します。
サイトコンセプトを明確にし、独自性/専門性の高いコンテンツでオリジナル性を出します。

ストーリーによる一貫性

徹底的にユーザー視点に立って、ECサイト訪問から購入まで、さらにリピーターになっていただくまでをストーリーとして捉えて、全体の施策に一貫性を持たせます。

商品の強みを言語化

ショップ独自の世界観、商品の強み、サービス内容をオリジナリティのある文言で表現することで、コンバージョン率を圧倒的に高めます。

集客支援

検索サイトへのリスティング広告、SNSへの広告掲載など、あらゆる効果的な手法でECサイト集客のお手伝いをします。

行動心理学テクニックの応用

行動心理学を応用して、消費者へのアプローチ方法/広告/商品購買の意欲を向上させます。戦略的に消費者の心を動かし、それを欲しいと思わせ、購入後もまた買いたくなる仕掛けを作ります。

常時SSL標準対応

サイトを利用するユーザーを保護するため、サイト全体をhttps化します。※Googleは常時SSL化を推奨しており、検索エンジンの順位決定の一要素として、サイトが常時SSL化しているかどうかを考慮すると公表しています。

内部SEO対策

SEO対策されたカテゴリ編成や商品ページ構築の仕組みをご提供します。

多言語対応

日々需要が増している多言語対応のECサイトを制作することも可能です。翻訳の手配も可能です。

流通提案

ECサイト運営に欠かせない在庫保管や発送業務を最適にこなす物流会社をご紹介します。
コストが大幅に削減できたと好評をいただいております。

よくある質問

制作依頼前に何を用意しておけば良いですか?

お店のロゴデータ、お店のコンセプト、商品、サービスなどの特徴をご用意ください。
ご用意いただくことで、制作コストを抑えることにつながります。
ご用意が難しい場合は、弊社にて対応させていただくことも可能です。

リピーター対策って何をするのでしょうか?

一般的にネットショップにおいて新規顧客を獲得するコストは、リピーター獲得コストの約4~5倍と言われており、いかにリピーターを獲得できるかが重要です。購入意欲が上がる販売オプション機能(会員ランク分け、シークレットセール等)など、顧客のロイヤリティレベルに合わせた施策が有効となります。

販売意欲が上がる販売オプション機能例
・会員ランク分け機能
・シークレットセール、会員限定販売機能
・予約販売機能
・口コミ機能
・メールマガジン配信機能
・定期購入/頒布会機能

また、フリーページ機能を使って、商品の良さ、商品生産性工程、お店の裏話、店長さんの想いなどを掲載したオリジナルコンテンツを作ることで、ライバル店との差別化を図ることも効果があります。

独自ドメインは利用できますか?

独自ドメインの利用は可能です。他社で取得したドメインも利用可能です。
別途費用が必要となりますが、独自ドメインの取得/管理代行も行います。
すでにドメインをお持ちでしたら、そのドメインに紐付け作業を行います。

モール型ECとは何ですか?

自社ECを『路面店』とするならば、モール型ECとは『複数の店舗が出店するオンライン上の百貨店』です。代表的なモール型ECはAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングとなり、初心者でも簡単に出店できるという点でオススメなのはモール型ECです。
すでに存在するネットショップに出店する形をとるため、新たにサイトのドメインを取得したり、構築したりといった手順が必要ありません。

モール型ECの最大のメリットは、モール自体に集客力があることです。モール型ECの月間利用者は数千万人単位となります。すでに人が集まっている場所で商売を始められるので、自社ECを立ち上げる場合に比べて集客にかかる負担は軽減されます。
デメリットを挙げるとすると、ショップのブランディングが難しい点です。
モール型ECで買い物をしたお客様に「その商品、どこで買ったの?」と聞くと、「Amazonで買った」「楽天で買った」という答えが返ってくることがほとんどです。ショップの知名度を上げるためには、既存プラットフォームの制約内で店舗ページの見せ方を工夫する必要があります。

『自社EC』『モール型EC』どちらで出店するのが良いですか?

「欲しい物のジャンルは決まっているけれど、具体的にどの商品を買うかを決めかねている」というお客様は、モール型ECを利用する傾向にあります。モール型ECの検索機能を使えば、類似商品を比較した上で購入する商品をひとつに絞ることができるからです。そこで、大衆商品や消耗材などの競合商品が多い商材を販売する場合は、買い手がたくさん訪れるモール型ECに出店すると、商品の露出を増やすことができるでしょう。

一方、ブランド品や専門品などを求めてショッピングをするお客様は、すでに購入する商品がはっきりしているため、個々のショップのECサイトから直に購入することを好みます。ニッチな領域の商品を取り扱っている場合は、自社でECサイトを立ち上げてブランディングを行い、リピート客や優良顧客を増やしていくと良いでしょう。

お問い合わせはこちら

    お名前(必須)

    メールアドレス(必須)

    御社名(必須)

    電話番号(必須)

    お問い合わせ内容(必須)

    (必須)
    個人情報保護方針の確認はこちら

    上記内容にて送信します。

    その他のお役立ち情報

    DIGITAL TRANSFORMATION
    IT業務代行サービス『DIGITAL AGENT』

    ITに関する全てのお悩み、私たちITのプロにお任せください!株式会社オリオンズは『情報処理支援機関』として経済産業省から認定されている企業です。

    Read more
    LINE公式アカウント開設・運用サポート

    LINE公式アカウントの開設から運用までサポートいたします。LINEは幅広い層から親しまれているため、他媒体でリーチが難しい層にアプローチが可能です。クーポンやショップカードを発行しリピーターを創出したり、画像にリンクを設定したリッチメッセージなどで自社サイトやキャンペーンページへの誘導が可能です。

    Read more
    ホームページ制作

    貴社の魅力を伝えるホームページを制作します。現状のコーポレートサイトを分析するのはもちろんのこと、時にインタビューやワークショップも実施しながら必要な要素を洗い出し、サイト設計やデザインへと落とし込みます。

    Read more